計り知れない才能!

プロ野球で長年活躍できる選手の共通点は、皆野球に対して異常なまでにストイックであるというところです。松井選手がプライベートの時間を捨てて長嶋監督と付きっきりでトレーニングをしていた話やイチロー選手が毎日同じ時間に球場に入り、試合までの時間は毎日自分が決めたルーティンワークを行なって気持ちを高めているという話を聞くとやはり並の人間の想像をはるかに超えるような意識の高さをもっているんだと思わされます。 しかし石井選手からはそのようなギラギラしたものがまったく感じられないのです。発言も適当なのですが決して、キャラ作りで無理して強がっているようにも見えない。本当に天然であのゆるきゃらのような雰囲気を醸し出しているんだなと思います。常識で考えればそういった闘志が感じられない選手は淘汰されていきます。しかし石井選手はあの適当なスタンスを貫きながら182勝という名球界入り寸前の成績を残しているのです。 石井選手は数々の名言を残していますが、私が一番好きな名言は「要求通りのボールがほとんどいかないのに、古田のリードで勝てたと言われるのが気に入らなかった」という言葉です笑。野球センスだけじゃなくてお笑いのセンスも非常に高いですよね。そんな計り知れない才能をもった石井選手が私は大好きです。