カープ木村昇吾選手の凄さ

私がすごいと思う野球選手はカープの木村昇吾選手です。もちろん、他にも挙げたい選手がたくさんいますが、あえて木村選手について書いてみたいと思います。 木村選手は2002年ドラフト会議でベイスターズから11巡目指名されています。当時のことはよく知らないのですが、おそらくドラフト全体の指名の最後から2番目だったと考えられます。 私が木村選手のことを知ったのはカープへのトレードが発表された時でした。私はカープファンなので、横浜時代の木村選手についてはよく知りませんでした。 ただ、広島に来てからの木村選手の活躍は素晴らしいものでした。当時のブラウン監督に認められ、守備固め・代走の切り札として活躍しました。野村監督に変わってから、最初は監督に気に入られなかったのか出場機会を減らしました。しかし最終的には主力選手の穴を埋める活躍をするなど、チームになくてはならない存在になりました。 私が木村選手をすごいと思うのは、攻守切替時の全力ダッシュを怠らないところです。木村選手はいつも誰よりも早く守備位置につき、しっかりと準備をしています。またベンチにいる時は、声を出し他の選手を鼓舞しています。 木村選手は、今のところスタメンで出場しいつも活躍するような選手では無いです。しかし、組織は木村選手のような縁の下の力持ち的なポジションがあってこそ良い組織になると思います。 また今年木村選手は海外FA 権も取得しました。長きに渡り活躍する木村選手をいつまでも応援し続けたいと思います。