イチローこそが天才

イチローほど野球に対して天賦の才を持った人物はいないでしょう。あの辛口の野村さんが認める天才ですから。イチローが天才たるゆえんはまず誰もが認める成績です。日本プロ野球、メジャーリーグ通算成績という考え方は否定的なところもあります。が、しかしあのメジャーリーグで10年以上200本安打以上継続した選手がほかに歴史上存在しないというところが何よりも素晴らしいところかと思います。 さらに身体能力の優れた点もまさに天才としか言いようがありません。もちろん、日本プロ野球からメジャーリーグに順応するためのフォームの改造、そしてその対応力、もちろん本人の努力があることはいうまでもありませんが持って生まれたものがない限りあそこまで順応ができるはずもありません。そして、40歳を超えた今でもあの強肩と走力。 ここに関しては天賦の才というだけではなく若いころからの身体のメンテナンスのなせる業ということもいえます。イチローの高校時代の打撃の映像やピッチングフォームをチェックしましたが当時から細身ながら、間違いなく今の活躍を想像させるようなすばらしいセンスを感じさせます。あの細い体でホームランを放つ姿はまっしく天才としか言いようがありません。