恐ろしい男

柳田選手の打撃面での魅力はやはり外角のコースのボールを高い弾道でレフトスタンドに打つことができる点だと思います。これができる日本人の選手は少なくとも現役選手ではいません。私は柳田選手のホームランを見ると、いつもメジャーの大打者バリーボンズ選手のホームランと重ね合わせてしまいます。とにかくホームランの弾道が日本人離れしています。それに加え打率も残せる。さらに足も速く、肩も強い。こんな漫画の主人公のようなスペックの選手はメジャーリーグを見渡してもそう多くはないと思います。 でも私が柳田選手の一番すごいと思うところは、ストイックな体作りです。高校時代は188センチという長身にもかかわらず体重は60キロ台でした。そこから想像を超えるようなハードなウェイトトレーニングを積み、今では筋肉で92キロまで体重を増やしています。彼の打撃を見るとどうしても天性の才能を感じてしまうのですがその裏では、人一倍の努力をしているのだと思います。金本選手やダルビッシュ選手等、もともと体の線が細くて、体を作るのに苦労した選手が努力で肉体を作りあげると、とんでもない選手に化ける傾向が強いのかなと感じました。 まだ年齢も若いのでこれからさらに成長した姿を想像すると恐ろしさすら感じてしまいます。