強いインパクトを与えた名プレーヤー

いまさら野茂の偉大さを語ることはないと思いますが、プロ野球ファンとして長い間選手を見ているとプロの中のプロという選手を見つけた時は嬉しくなるものです。 日本球界最高の投手は?という質問、答えるのは非常に難しいですが、その中に必ず名前が出てくるのが野茂英雄ではないでしょうか。 彼はメジャーリーグに挑戦したパイオニアとして有名でもありますが、私はプロ入り直後から彼の大ファンでした。 独特のフォームから繰り出す球はバッターを次から次へと三振に打ち取る、フォームにも名前がついていて「トルネード投法」というカッコいい名前がつくほど、しかし、当初はこのフォームに異を唱える人も多かったとか、あるプロ野球関係者はこの投げ方では将来成功しないとまで言っていたり、後に近鉄を退団するきっかけの一つがこの投球フォームを直せと指導を受けたことが原因の一つとして挙げられています。 野茂は三振の山を多く築きましたが、その一方で四球も多かった、トルネード投法は球威を高める投法ですが、制球にやや難があったのかもしれません。 しかし、やはりそれほど独特な投法はインパクトが強い、実績はもちろんですが、その独特の投法は日本のプロ野球はもちろん、アメリカでも印象に強く残る名プレーヤーだったと思います。