大器晩成の野球選手

上原投手

大阪体育大学からドラフト1位で巨人に入団。その後、巨人のエースとして活躍し、現在はメジャーリーガーとなった上原投手は、高校のとき、控え投手でしたね。 ちなみにそのときのエースは現日ハムの建山投手でありました。 上原投手は、高校卒業後一浪して大阪体育大学に進学。将来は体育教師になろうと思っていたという話もありますね。 ただ、浪人時代にも筋力トレーニングを続けていたそうで、大学に入り、球速が大幅にアップ。 プロでも注目される投手となり、その後の超一流投手としての活躍へとつながっていくわけであります。 「雑草魂」という言葉も注目されましたが、正に、上原投手を象徴する言葉であるといっても良いですね。

高津投手

野村監督に見出され、ヤクルトスワローズで守護神として活躍。その後、メジャーリーガーにもなった高津投手。 彼は、高校、大学と控え投手だったそうです。 大学時代は、ドラフトで史上最多8球団からの指名を受けた小池投手が同学年でいたために、控え投手でありました。 高校時代の恩師から「大器晩成だ。」と言われ、その言葉を信じ、プロで大輪の華を咲かす。 非常にドラマティックな野球人生ですね。

黒田投手

広島東洋カープでエースとして活躍。現在は、メジャーリーガーである黒田投手も遅咲きのスターであるといってよいと思う。 黒田投手は上宮高時代は控え投手でありました。 その後、専修大学へ進学。力をつけてエースとして君臨。広島東洋カープ入団となりました。 これからもずっと魂のピッチングでファンを魅了してほしいものです。

長谷川投手

オリックスブルーウェーブ(現オリックスバッファローズ)で活躍し、その後メジャーリーガーとなり、長年に渡りセットアッパー・クローザーとしてメジャーでも活躍した長谷川投手。 彼は、大器晩成というには少しカテゴリーが違うかもしれません。 中学時代、投手として全国中学校軟式野球大会で優勝。高校時代は3度甲子園出場。 これだけを見ると、エリート街道まっしぐらという感じにも見えますが、高校卒業時のドラフト・・・長谷川投手はどこからも指名を受けることができませんでした。 逆に、チームメートの控え投手がドラフト指名されるという境遇に見舞われました。 それでも、諦めず、大学で活躍。見事大学卒業時のドラフトでオリックスブルーウェーブ(現オリックスバッファローズ)1位指名を受け・・・その後の活躍へとつなげたわけです。 それほど球が速いということもありませんでしたが、メジャーリーグでオールスター出場など見事に活躍しました。 それは、それまでの挫折から学んだ工夫が物を言っているのかもしれないですね。

渡辺俊介投手

千葉ロッテマリーンズ在籍。「世界一低い」と言われるアンダースローの投手。 2大会連続でWBCに選出されるなど、日本野球界トップクラスの投手であると言ってもよい。 渡辺俊介投手は、中学時代、高校時代、大学時代、社会人時代・・・ずっと控え投手だったそうです。 しかしながら、プロ入り後の活躍は誰もが認める見事なものでありますね。 現在のプロ野球界においては非常に稀なアンダースロー。 そしてその特徴を十分に活かすための工夫と努力・・・それらが全て揃った結果、ずっと控え投手であった投手がプロで活躍・・・という結果に結びついたのでしょうね。

古田敦也捕手

強肩の捕手であり、首位打者も獲得するなど打撃も◎。野村監督の下で学んだリードも◎という、誰もが知っている名選手。 元々、それなりに注目される選手ではあったようですが、高校は地元の公立高校へ進学。地区大会の1、2回戦で常に敗退・・・という状況であったようです。 大学へは一般入試での進学。 その後、大学では活躍。プロ入りかと思われたが、「メガねをかけた捕手」ということがネックとなり、大学卒業時はプロ入りできず。 社会人野球へと活躍の場を移し再び活躍。野球日本へソウルオリンピックで銀メダルをもたらした。 そしてプロ入り。その後の活躍は皆様がご存知の通りであります。 「眼鏡を掛けた捕手は大成しない」・・・この固定概念に苦しめられながらも、見事にそれを打ち破った・・・ 偉大な名選手です。