広島カープの来季

今年は4位に終わったカープですが、正直今年の戦力で優勝できなかったのはかなり痛いですよね。 他のチームが軒並み調子が悪く、かなり優勝の可能性があったシーズンだっただけに、4位と言う結果は本当に期待はずれでしょう。 しかも、今年は黒田投手や新井選手の8年ぶりの復帰などもあって、すごく話題性もあって去年の戦力以上になり、去年の3位から優勝を狙うシーズンだったはずです。 それが、蓋を開けてみればシーズン序盤から躓いてしまい、4月の大連敗などもかなり響いたために、一度も首位に立つことがなく、唯一、セで今年首位に立てなかったチームがカープとなりました。 今年は、去年と比べると本当に打てなかったのが最大の理由でしょう。 何と言っても、ピッチャーはかなりの好成績を上げた人がたくさんいました。前田投手の15勝を始め、ジョンソン投手の14勝・黒田投手は11勝、そして福井投手も9勝と頑張りましたし、投手は去年以上の成績を収める人が多くいました。 しかし、バッターは去年の成績から大きく成績を落とす人がかなりいましたよね。丸選手の不調も大きく響いたこともあったでしょう。 来年は前田投手が抜ける可能性もありますし、他の選手もどうなるかはわかりません。 2016年のシーズンは、カープは優勝できるのでしょうか。

関連ページ

プロ野球ファンとして少し残念だったこと
プロ野球ファンとして少し残念に感じていることは、ヤフオクドームにホームランテラスができたことです。
ボールの違いについて
日本のプロ野球の実力は間違いなく世界トップクラスです。が、パワーに関しては少々物足りなさを感じてしまいます。
プロ野球の見どころは現役選手だけじゃない
プロ野球はシーズンも大詰めで盛り上がっていますね。そんな中ひとりまたひとりと引退報道が流れています。
日本代表のありかたについて
今年のプロ野球もクライマックスが近づいてきました。クライマックスシリーズ、日本シリーズでいったん終了です。しかしそのあとに今年はプレミア12という世界大会が待ち受けています。
中日ドラゴンズの引退について思う事。
今年の中日は例年になく、引退を決めた選手が多かったと思います。中日ドラゴンズからは、小笠原、谷繁、和田、朝倉、山本昌など中日の黄金時代を支えた選手ばかりです。
ファンの歯痒い思いとは
「今年こそは!」とカープの24年ぶりの優勝を期待していたのですが、中々思い通りには行きません。
明るい話題で注目浴びてくれ、奮い立てプロ野球
今年のプロ野球は、セのチームが全チーム借金状態になったり、難関のトリプルスリーがいきなり両リーグから1名ずつ出たり、ソフトバンクが新人監督でぶっちぎりでペナントを制したりと、ここ最近の中では1番話題の多かったシーズンではないでしょうか。
プロ野球は色々と変えないといけない部分はありまっせ
今の時期はプロ野球にとっては、大切なクライマックスシリーズが行われる季節です。しかしながら、クライマックスシリーズのルールも、変えないと可笑しいのではないかそう思います。
プロ野球を盛り上げる施策について
昔は少年のスポーツと言えば野球が当たり前でした。高校野球やプロ野球も多くのファンが居て、テレビ観戦と言えばプロ野球でした。しかし、最近ではサッカー人気が高まり、またワールドカップでの日本チームの活躍や2019年の日本開催に向けてラグビー人気も高まりそうです。
プロ野球で輝くヒーローたち
色々なスポーツがありますが、やはり国民的スポーツと言えば野球をあげることが出来ます。子供から大人、シニア世代までそれぞれのチームでプレイを楽しむことが出来ます。
セリーグとパリーグについて
交流戦が始まって久しいですが今年はさみしいことに4試合になってしまいました。あまりにも少ないことが残念でなりません。アメリカメジャーリーグのインターリーグにならって始まった交流戦ですがこのままではあまりにも盛り上がりに欠け、意味もなくなります。
プロ野球に採用されているクライマックスシリーズについて
今から10年ほど前に採用されたプロ野球のクライマックスシリーズは、日本シリーズの切符を取るためにリーグの上位の3チームが、ポストとしてのゲームを行います。
プロ野球クライマックスシリーズの是非を問う
かつてのプロ野球日本シリーズはセ・リーグの1位球団とパ・リーグの1位球団によって争われるものでしたが、現在は各リーグの3位までの球団に参加権が与えられるクライマックスシリーズの勝者が日本シリーズに挑むというルールになっています。
長くプロ野球を楽しめるようになったことが嬉しい
以前までのプロ野球は、優勝チームが決まってしまうと、後は消化ゲームということで、タイトルを狙う選手を応援する以外は、若手を試す期間になっていたため、盛り上がりに欠けていたと考えています。
プロ野球におけるバントの難しさと川相昌弘さん
高校野球ではわりとすんなり決まりやすいバントですが、プロ野球だとそうではないということが実際の試合を観ているとよくわかります。高校野球では140キロ台のストレートを投げる選手はそこまで多くないですが、プロ野球ですとザラにいます。
プロ野球界の闇を暴いて欲しい。
先日、巨人の所属選手による野球賭博の問題が発覚しました。現役の選手による野球賭博であり、かなり深刻な問題だと思います。現在コミッショナーに告発した段階との事ですが、告発するのはコミッショナーではなく、警察なのではと思ってしまいます。